×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サラリーマン、宇宙を語る。

 HOME |  さくいん |  サイトマップ |  このサイトについて |  水星探査機メッセンジャー |  H-IIBロケット |  初心者のための天体望遠鏡入門 |  太陽系 |  球状星団 |


スポンサ−ドリンク

NGC 6369を語る。

NGC 6369は、へびつかい座惑星状星雲である。


APOD:NGC 6369: The Little Ghost Nebula




18世紀にウイリアムハーシェルによって発見された。
直径1光年の惑星状星雲の中央に白色矮星が光っている。

この白色矮星の紫外線を受けて、星雲を構成するガスが電離し光を放つのである。
この写真では、青色は酸素、緑色は水素、赤は窒素のイオンが放っていいる。



NGC 6369は、太陽系から2000光年のかなたにある。









このページのTOP
サラリーマン、宇宙を語る。HOME



プライバシーポリシー



参考文献・サイト

APOD:NGC 6369: The Little Ghost Nebula
ESA:Little Ghost Nebula (NGC 6369)

2009/01/13

太陽系のウンチク
銀河系と恒星のウンチク
星雲と星団のウンチク
宇宙論のウンチク
地球科学のウンチク
宇宙開発のウンチク
研究組織・施設のウンチク
望遠鏡と観測のウンチク


天文学の用語集
天体望遠鏡の用語集
地球科学の用語集
航空宇宙技術の用語集
地球外生命探査の用語集
太陽物理学の用語集


星団
球状星団
散開星団

ガス星雲
惑星状星雲
超新星残骸

銀河系外星雲

星雲・星団のカタログ
メシエ天体
メシエ天体のリスト
NGC天体
エイベル番号
バーナード・カタログ